バイオテロ説が急浮上。新型肺炎の蔓延が映す破滅へのプロローグ

shutterstock_1631354794

ついに世界保健機関(WHO)が「国際緊急事態」を宣言し、日本も感染者の入国を拒否する「指定感染症」とした新型コロナウイルス。その感染源は武漢市内の市場で売られていた野生動物とされていますが、「本当に偶発的なウイルス感染のみで引き起こされたのか?」とするのは、元国連紛争調停官で国際交渉人の島田久仁彦さんです。島田さんは今回、自身のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』で、拭いきれない「2つの可能性」を様々な証拠ともに提示しています。

国際情勢の裏側、即使えるプロの交渉術、Q&Aなど記事で紹介した以外の内容もたっぷりの島田久仁彦さんメルマガの無料お試し読みはコチラ

 

広告

新型コロナウイルス蔓延が映し出す破滅へのプロローグ

今後1,000万人単位で人類の生命を奪うような事態が起こるとしたら、それは戦争でも核ミサイルによってではなく、非常に感染力の強い伝染病によるものだろう。

2015年だったでしょうか。私も光栄なことに毎回スピーカーとして参加し、様々な事柄に対して未来展望を語らせていただくFutures Conferenceにおいて、マイクロソフトの創始者で、Gates Foundationの共同代表であるビル・ゲイツ氏が予言した内容です。

通常、Futures Conferenceでは「XX年までにこうなる」という予言をして、それを実現させるための協力を聴衆に呼びかける形式を取るのですが、この予言については、年限は示されず、代わりに「それは、いつ起きても不思議ではない」というタイムラインが示されました。横で聞いていて、その後のディスカッション中、背筋が凍った記憶があります。

その予言に似た状況が、中国・武漢市を震源として世界に広がっています。そう、日本でもついに感染者が出て大騒ぎになっている「新型コロナウイルスの感染拡大」です。中国政府からの発表で、かつメディアが流している情報によると、「感染のスタートは武漢市内の海鮮市場で、そこにいるはずのない野生動物が売られていて、動物検疫も実施されていなかったために、その野生動物から人間に感染した」と言われ、当初、重篤な肺炎で当局に隔離された41人のうち32人がこの市場を訪れていたため、この32人から感染が広がったというのが通説ですが、果たして本当にそうなのでしょうか?

数年前のエボラウイルスのパンデミック封じ込め対策でご一緒した親しい感染学者や細菌学者によると、「仮に感染源やきっかけについての情報がすべて正しいと仮定すると、潜伏期間が2週間ほどある今回の新型コロナウイルスの菌に感染した人たちが、症状がない潜伏期間中に家族をはじめとする周辺の人々に菌を広め、一気にパンデミックな状況になったのだろう。しかし、今回、不可解なのは、感染が広がるにつれ、コロナウイルスの感染力が高まっており、またこの2週間の間に菌の形態がどんどん変わっていることだ。言い換えると、コロナウイルスが自身で進化を遂げていることになる。この感染力強化と自己進化が進むのであれば、想像を超える死者を出す事態になるかもしれない」とのこと。

中国、香港、英国、米CDC、WHOなどにいる世界各地にいる専門家でもある友人たちに見通しを尋ねてみたところ、同じような見解と強い警戒が語られ、「今回のケースについては、事態が収まるとしても、早くても4月か5月頃になる。もしかしたら、もっと長引く可能性がある。そうなると、世界中、かなり広範囲にウイルスが撒き散らされることになり、確実に罹患者はうなぎ上りに増加し、完全に封じ込め不可能な状態に陥り、結果として史上最大かつ最悪のパンデミック・クライシスになる可能性が高い」との考えを示しています。

1月29日の段階では、中国当局の発表では武漢市での死者数は136名と言われていましたが、30日にはその数は160名を超えており、確実に今後も死者数は増え続けることになり、間違いなく、公衆衛生上の最大かつ深刻な懸念となるでしょう。報じられている通り、新型コロナウイルス感染においては、当初は軽症者やまだ菌の潜伏期間真っ最中の人たちも多く、患者・感染者の水際での捕捉は非常に困難であるからです。

そしてその真実がまた大きな悪影響を国際情勢に与えかねません。それは、先ほども触れましたが、私が数年前に、安全保障の専門家としてWHOのエボラパンデミックの封じ込め対策に参加した際にも言われたことなのですが、「感染が広がると、同時に恐怖心も広がり、それは世界各国に伝播し、人々の不安を強力に掻き立てる」ということです。

結果、人々の心に植え付けられる恐怖心とそれによる不安は、世界の株式市場において世界同時株安を引き起こし、企業活動にも大きなネガティブな影響を与えるため、世界経済に対して大きなネガティブインパクトを引き起こします。

トランプ大統領がスタートした強権主義と自国第一主義の広がりが、世界の株式市場での最高値更新を連発してきましたが、その熱に一気に冷や水を浴びせ、経済の悪化とともに、世界におけるブロック化が進み、一触即発の緊張状態に陥る可能性があると思われます。その悪い流れを、今回の新型コロナウイルスのパンデミックがさらに加速させると思われます。

国際情勢の裏側、即使えるプロの交渉術、Q&Aなど記事で紹介した以外の内容もたっぷりの島田久仁彦さんメルマガの無料お試し読みはコチラ

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
広告