「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」に隠された美人の本質

芍薬、牡丹、百合の花は、ひとつひとつの花が美しいばかりではなく、3つの花がリレーするかのように順番に咲いていきます。昔から美しい女性のことを「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」と表現するのはなぜでしょう? そこには、美人の本質が隠されていました。

「All About(オールアバウト) [冠婚葬祭]」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!