「ご」「お」を連続してつけすぎ?ほどよい敬語の使い方

「お手紙をお書きになる」のように、言葉を丁寧にしようすれば、「お」や「ご」が多くなる傾向があります。相手との関係によっては少し軽く話した方がよいかもしれません。そんな場合の対処法、上手な使い方のポイントを具体例を通して見ていきましょう。

「All About(オールアバウト) [冠婚葬祭]」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!