喪中見舞いとは?文例・送る時期・お線香やそれ以外のお悔みの品

喪中の方に対しては、年賀状での挨拶は控え、松の内が明けた頃に寒中見舞いとして季節の挨拶をするのがマナーとされます。しかし、近年喪中見舞いとして、喪中はがきを受け取るとすぐにお悔やみを述べる人が増えました。喪中見舞いの文例と基本を伝えます。

「All About(オールアバウト) [冠婚葬祭]」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!