暗号資産・仮想通貨の最新情報は、C3(Currency Curypto Community)

台湾在住歴4年の日本人でも思わず笑った「変な日本語」がジワる

台湾在住歴4年の日本人でも思わず笑った「変な日本語」がジワる

D6X4lBBVUAA-wAI

世界一「親日」と言っても過言ではない、日本からわずか2時間ほどで行ける島・台湾。そんな台湾に4年近く住んでいる日本人の男性がツイッターに投稿した、台湾で販売されている商品に書かれていたという「変な日本語」がじわじわくる!と話題になっています。

画像を投稿したのは、2015年より台湾で暮らし、台北市内で台湾人の奥様とお子様と3人暮らし中という、ツイッターユーザーのまちゃ@台湾 海外子育て(@1007hiro)さん。台湾には、街の看板から雑貨に至るまで「怪しい日本語」を目にする機会が多いのですが、さすがに4年も暮らせば「変な日本語」への耐性は完璧なはず。「マシサーヅ」(マッサージの誤記)や「おいしい」とプリントされた皿など、ちょっと変わった日本語を目にすることなど日常茶飯事の台湾で、まちゃさんが思わず笑った日本語とは何だったのか? それでは当該ツイートを早速ご覧ください。

社会カテゴリの最新記事