楽天家すぎ?基地局不足で険しい道が続く楽天モバイルの行く末

shutterstock_1579465447

紆余曲折を経ながら、第4のキャリアとして本格参入を果たした楽天モバイル。そのサービス開始には様々な声が聞かれますが、楽天・三木谷社長の発言は相変わらず強気です。去る11月7日の会見でも、楽天モバイルの基地局数やプラチナバンドについて楽観的に語り、専門家は疑問を投げかけています。ケータイ/スマートフォンジャーナリストの石川温さんは、メルマガ『石川温の「スマホ業界新聞」』の中で楽天の甘い見通しを厳しい目で見る一方で、Adobeが発表した写真整形を見破る新技術にも注目。「フェイクニュースの終焉に繋がる」と語るなど、IT業界の明暗を端的に解説しています。

楽天モバイル基地局6500局を確保へ━━三木谷社長「ほぼ繋がるようになる」と自信アリ

11月7日に楽天が決算会見を開催した。残念ながら、7日はAdobe MAX取材からの帰国日であったために取材に行けず。しかし、ウェブ上に公開されている決算資料や関係者からの報告によって詳細はなんとなく把握することができた。

楽天モバイル、やはり注目は基地局数だろう。先日、三木谷浩史社長が基地局の前で撮影した画像をツイートしていたが、10月末の実績として、約3300局が契約を締結済み。そのうち、約2300局で電波を吹いているという。用地の確保数は5000局を超えている。

さらに12月末での見込み数では3000局で電波を吹き、契約締結済みは4500局、確保数としては6500局になるという。総務省に計画書として提出している2020年3月末までの3432局は達成できる見込みだ。楽天は2026年3月末までに全国に2万7397局を設置する計画となっている。

ただ、先日、Twitterに大手キャリアの基地局数一覧が流れてきた。総務省が作成した昨年のデータとなるが、例えばNTTドコモであれば全国にLTEで20万2400局、KDDIもLTEで11万9100局、ソフトバンクもLTEで12万6500局といった具合だ。KDDIとソフトバンクはそれぞれUQコミュニケーションズ(6万3500局)ワイヤレスシティプランニング(6万3000局)も加味しなくてはいけない。つまり、3キャリアともLTEにおいては全国で18~20万局の基地局でネットワークを構築していることになる。

また、プラチナバンドだけを見てみると、NTTドコモは800MHz帯対応の基地局を6万8000局、KDDIは5万6500局、ソフトバンクは900MHz帯で4万8400局も所有している。一方の楽天モバイルは1.7GHzしか持っていないのだ。

決算会見で三木谷浩史社長は「路面上でいうと、ほぼ繋がるようになってきている。(中略)普通に使っていただいても、不自由のないようにできると思う」と語ったとされる(ケータイWatchより引用)。

やっぱり、第4のキャリアとして参入した楽天モバイルに関しては「不安」を感じてしまうし、この計画を認めた総務省もどうかしていると思う。

最新情報をチェックしよう!