" />

裁判所で結婚式を挙げるのも悪くない。裁判所婚した25組のカップル(画像集)

結婚式のスタイルはさまざま。

ゲストをたくさん招いたにぎやかな結婚式がいいと言う人もいれば、内輪でのこじんまりした結婚式を望む人もいます。

小さな結婚式といえば、市役所などで挙式するシビル・ウェディングがあります。結婚式にお金をかけないで、その分ハネムーンや住まいにお金をまわしたいという人には魅力的な挙式スタイルでしょう。

日本でも婚姻届を提出した後に市役所で挙式をするカップルも出てきましたが、アメリカでは市役所だけではなく裁判所でも挙式できます。

裁判所婚というと少し固い感じもしますが、必ずしもそんなことはありません。自分たちのスタイルを大切にしながら、裁判所婚している人たちがたくさんいます。

ハフポストUS版に掲載した、25組の素敵な裁判所婚の写真をご紹介します!

1

1. 1

Alea Lovely Fine Art Photography

2

2. 2

Amy Anaiz

3

3. 3

Elizabeth Burgi Photography

4

4. 4

Arrowood Photography

5

5. 5

Phillip Van Nostrand

6

6. 6

Allebach Photography

7

7. 7

Candice Marie Photography

8

8. 8

Katherine Elyse Photography

9

9. 9

Bre Thurston Photography

10

10. 10

Kate & Keith Photography

11

11. 11

JoPhoto

12

12. 12

Jonas Seaman

13

13. 13

Jill Tiongco Photography

14

14. 14

Candice Marie Photography

15

15. 15

Amy Anaiz

16

16. 16

David N. Sachs Photography

17

17. 17

Andrena Photography

18

18. 18

Rhinehart Photography

19

19. 19

Ael Becker Weddings

20

20. 20

Erica Camille Productions

21

21. 21

Jonathan Connolly Photography

22

22. 22

Katherine Elyse Photography

23

23. 23

Nicole Chan Photography

24

24. 24

Arrowood Photography

25

25. 25

Kate & Keith Photography

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。

時代とともに変わる恋愛のかたち。年齢や性別、世間の常識にとらわれず、私たちは自由になった?それとも、まだまだ変わらない?

「ネットで恋愛はアリ?ナシ?」「良い出会いってどこにあるの?」「こんな恋愛はどう?」一緒に #恋愛のこれから を考えていきませんか?Twitterでもご意見を聞かせてください。

「HuffPost Japan」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!