阪急の中吊りが大炎上。「月50万で生き甲斐ない生活」に批判殺到

shutterstock_1404145961

阪急電鉄の車内に掲示された中吊り広告のシリーズに書かれた「言葉」がTwitter上で大炎上しています。いったい、どのような内容だったのでしょうか?

この中吊りシリーズは、企業のブランディング等を手掛ける株式会社PARADOX(パラドックス)が15年間に渡り行った企業への取材の中で、「自らの志を磨きながら、周りの人々と自身の人生を豊かにしていく働き方」を体現する一般の人々の言葉を集めた語録『はたらく言葉たち』の中から、一部を抜き出したもので6月1日から掲示をスタート。

Twitter上の反応