ISID、ブロックチェーン用いた農業向けデータ流通基盤「SMAGt」を開発

電通国際情報サービス(ISID)は1月7日、農産品の生産履歴から出荷、流通、販売までをブロックチェーン技術を用いて記録するデータ流通基盤「SMAGt(SMart AGriculture Traceability)」を開発したと発表した。

「ZDNet Japan」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!