「ビットコイン半減期」前後のBTC価格を、著名アナリストが予測

「ビットコイン半減期」前後のBTC価格を、著名アナリストが予測

ビットコインの半減期は、マイナーに報酬として与えられる新規発行のビットコインが半減するタイミングである。次の予定は、2020年の5月と予想されている。ビットコインはこれまで、2012年と2016年の過去2回の半減期を迎えたが、どちらのタイミングでも半減期前に価格が上昇し、半減期が終了したあとに価格は下落している。そして、その後には新たな市場のサイクルがスタートする。

仮想通貨トレーダーである@parabolictravは、この半減期に関するビットコインの価格予想を示した。予想の主なポイントは、以下の3つとなる。

  1. 半減期になる前にビットコインは強くパンプする
  2. 半減期を迎えたタイミングで強くダンプする
  3. 新たな市場のサイクルの開始

半減期に関する予想は、2020年に3回目の半減期を控えていることもあり、ここ最近トレーダーの間で人気のテーマの1つとなっている。ビットコインの過去のチャートから、同氏の予想が正しいのか検証してみよう。

過去2回の半減期の類似性

過去2回の半減期では、その前のタイミングで価格は徐々に上昇している。そして、半減期直前になると、その上昇がさらに加速していることがわかる。2回目の半減期では、この前のタイミングで一時的に急激な価格の下落が起こっている。

1回目と2回目の半減期は、期間がほとんど同じという類似点も存在している。また、双方の安値は週足のRSIで売られ過ぎの水準に達したタイミングで出現している。また、50週の移動平均と100週の移動平均との関係性も類似点がある。どちらも弱気のデッドクロスは半減期前に発生しており、強気のゴールデンクロスは半減期後に出現している。

ビットコイン(BTC)の「半減期」とは?|2020年に到来した後、ビットコインは上昇するのか?

2019.05.14

ビットコインの今後の動き

ビットコインは長期エリオットの調整ABCの着地点であった7,500ドル近辺から、習近平国家主席のブロックチェーン発言を受けて下降型のウェッジパターンを抜けて急激に価格上昇した。これは、@parabolictravが指摘する最初のパンプにあたるのかもしれない。

加えて、以前までレジスタンスであった8,500ドルがサポートとして機能していることも、上昇を予感させるポジティブな要素だ。こうした点を踏まえると、@parabolictravのツイートの予測は信頼できるものかもしれない。

「ビットコインは半減期後、市場価値が1兆ドル・価格は55,000ドルまで上昇する」=Morgan Creek Digital共同設立者

2019.10.22

参考記事:https://beincrypto.com/bitcoin-price-movement-before-and-after-halving-predicted-by-analyst/

#miningcity #Mining City #マイニングシティ

「NEXTMONEY」を閲覧する



「マイニングシティ.jp」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!