ビットコイン(BTC)採掘難度調整で新たなシグナル、XRPは織り込み済みか|仮想通貨市況

ビットコイン採掘難度に新たなシグナル
リップル(XRP)市場で投機筋の売り圧力が見られるなか、ビットコイン(BTC)も正念場に。7月以降の下落相場でも強気一辺倒だったマイニング状況に”とある変化”が見られ、投資家の注目を浴びている。

ビットコイン採掘難度に新たなシグナル

8日のビットコイン(BTC)は、前日比-0.62%の100.6万円で推移。

9200ドル付近にある日足200MA上で際どく推移しているが、6日に付けた直近高値9600ドルからは日足レベルで4日連続切り下げており上値が重い。一旦反発しているものの、上位足ベースで200MAを明確に割り込んだ場合、売り圧が再び強まるおそれがある。

SWELL2019の開幕に向けて関心を集めていたリップル(XRP)は、イベント直前に一時34円台(参照:bitbank)まで上昇するも、30.3円まで急反落する場面があった。

XRPJPY(bitbank)

今回もセオリー通りセルザファクトの値動きとなったが、大半の投資家にとって織り込み済みか。過去2年間と比較してアルト市況が冷え込んでいた影響により、思惑先行での上昇も限定的に留まった。イベントごとに過剰反応しないのは投機要素が薄れつつある証でもあり、前向きに捉えることもできる。

しかしその一方で、主体性のなさと材料感度の低さに象徴されるアルト市場の冷え込みは、日本のマーケットをはじめとした仮想通貨投資そのものに対する”個人投資家”の関心度低下の表れでもある。

そのボラティリティの高さから、東証マザーズなど新興株式市場の特性と比較されることも少なくないが、仮想通貨バブル2017の崩壊や2018年以降の国内での度重なる規制強化に伴い、イノベーションが停滞。投資意欲の減衰とともに、活況感溢れる他金融市場やより魅力的な選択肢を取り揃える海外仮想通貨市場への資金流出に歯止めがかかっておらず、雪解けが待たれる。

米TheBlockのリサーチ責任者Larry Cermak氏は、37の仮想通貨取引所をリサーチ。今年4月〜9月までの月間アクセス数を算出した結果、一時14000ドルを記録した6月以降、大幅下落した市況変化に伴い37%の減少が確認された。

出典:The Block

関連:仮想通貨取引所へのアクセスが6月から減少傾向に 個人投資家の関心低下か

採掘難度調整にシグナル

今回、ビットコイン(BTC)のマイニングデフィカルティ(採掘難度)が軟化で調整された。

新たなデフィカルティ値は「12,720,005,267,391」で、前期比-7.1%で確定した。2週間ごとに実施される難易度調整では、ブロック生成が10分に1回になるよう調節されているが、過去2週間のブロックの生成時間が10分以上要する場合は難度を下げ、10分以下なら難度を上げるという仕組みとなる。

出典:BTC.com

軟化調整は8月以来初であり、強気一辺倒だったマイニング市場に何かしらの変化が訪れたことを意味する。中国の豊水期終了など季節要因のほか、市場価格の下落に伴う中小マイナーの採算ライン割れ(休止・撤退)など複合的な要因が指摘されている。非効率マイナーから順に、BTCネットワークから淘汰されるためだ。

半減期や価格下落は、マイナーにとってマイナス要因になり得ることから、ビットコイン(BTC)の半減期2020に向けた大規模な稼働見直しを含め、ひと足先に影響を及ぼしている可能性は考えられる。

ビットコイン(BTC)採掘に関するハッシュレート低下は弱気シグナルの一つと見ることができるが、今回が一過性のもので再び反転する可能性もあり、現時点で「マイナー全体が悲観」と断じるには時期尚早か。いずれにせよ明確な理由は定かではなく、次回以降の難易度調整およびハッシュレートの増減が着目される。

関連:仮想通貨ビットコイン、採掘難易度を7%軟化 8月以来初

バーチャル資産分析およびコンサルティングサービスを提供するElement Groupの調査にによれば、ビットコインマイニングのデフィカルティ(採掘難度)低下は稀な動きであり、ビットコイン・ネットワークの歴史上、2018年末時点で約13%しか発生していない。

出典:Element Group

歴史的サイクルから、マイニング難易度の易化は、弱気市場の終盤で見られる傾向にあり、マイニングの損益分岐点がビットコインのサポートラインとして働いているという定説を裏付けているとされる。

#miningcity #Mining City #マイニングシティ

「CoinPost」を閲覧する



「マイニングシティ.jp」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!