TBSHDが劇場などの電力を100%再生可能エネルギーに、みんな電力と連携でNEMブロックチェーン利用か

TBSの劇場がブロックチェーンを利用して電力を再生可能エネルギーに
TBSHDは、16日よりライブハウスなどの電力を再生可能エネルギーに切り替える。みんな電力と連携しブロックチェーンを活用、再生エネルギー発電所から運ばれた電力トラッキングで証明を行う。

TBSの劇場が電力を再生可能エネルギーに

TBSホールディングスは、16日から運営するライブハウスなどの電力を再生可能エネルギーに切り替えを行う。みんな電力と連携しブロックチェーン技術を活用、再生エネルギー発電所から運ばれた電力のトラッキングを行い証明を行う。日経新聞が報じた。

電力が再生可能エネルギーに切り替えられるのは、ライブハウスのマイナビBLITZ赤坂、劇場の赤坂ACTシアター、サカス広場の3施設。赤坂ACTシアターは、エネルギー全量を再エネで賄う日本初の大型施設になるという。

みんな電力は「顔の見える電力」をコンセプトに掲げる電力会社だ。2016年の電力自由化以降、自然エネルギーを中心とした電力の小売りサービスを提供、電力生産者と購入者をつなげる電力流通の開拓に取り組んでいる。

ネムブロックチェーンを利用

現在利用しているブロックチェーンは、仮想通貨XEMに関連したネムブロックチェーンで、電力のトレーサビリティ領域などにブロックチェーン技術を応用する。事業活動によって生じる環境負荷を低減させるために設立された環境イニシアチブ「RE100 プロジェクト」に参画する企業を中心に、トレーサビリティ付再エネ電気の供給サービス(電力トラッキング)の提供を行なっている。

最新の動向では、中小企業や企業以外の団体によるRE100の新枠組み「再エネ100宣言 RE Action」に向けたサービスも拡大しており、再生エネルギー由来の電気調達が進んでいなかった中小企業にも、再エネ電気への切り替えるサービスを提供する。

再エネに関連した電気の産地や生産者がわかる形の電力供給を行うみんな電力は、これらのサービスを通じて環境への貢献を電力分野で行なっている。

地域貢献やSDGsといった幅広いサステナビリティ志向を持つユーザーからの注目度は、環境問題が世間で問題化する中で高まっているという。

参考:日経新聞

#miningcity #Mining City #マイニングシティ

「CoinPost」を閲覧する



「マイニングシティ.jp」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!