英通信大手ボーダフォン CEO「リブラにはフェイスブックから独立したリーダーが必要」

フェイスブック社から独立したリーダーを要請
リブラの創立メンバーとして参加を表明したVodafoneのCEOはプロジェクト成功のためには、リブラ協会にフェイスブック社から独立したリーダーの就任が必要だという意見を明かした。

フェイスブック社から独立したリーダーを要請

リブラ協会に参加する英大手通信会社Vodafone(ボーダフォン)は、改めて仮想通貨リブラへ支持を表明している。だが、同社のCEOであるNick Read氏は、リブラ協会にはフェイスブック社とは独立した代表取締役(CEO)を選任した方がよいと勧告している。

Read氏は「フェイスブック社からではない取締役が選ばれてリブラを率いていけば、リブラ協会自体の構想や目的を人々は理解するようになるだろう」と発言。フェイスブック社とは独立したリーダーの就任が、プロジェクトの成功確率が高まると考えている。Vodafoneは今後も、リブラ協会のメンバーであり続けるとも付け加えた。

フェイスブックの大きな存在感

リブラプロジェクトは、非営利団体である「リブラ協会」が運営していく体制となっている。フェイスブック社は、その子会社であるカリブラを通して、協会メンバーの一員となっている。各メンバーは同等の投票権を持っているため、制度上はフェイスブック社は他のメンバー組織よりも強い発言権を持つことはない。

ただ、フェイスブック社が発案したリブラにおいては、同社が初期段階で非常に大きな役割を果たしていくことは明らかとは言える。先週公開したロードマップでもそれが明確になっている。

関連仮想通貨リブラ メインネットローンチに必要な4つの目標点

子会社カリブラは、リブラのブロックチェーン・ネットワークに参加するための技術やデジタルウォレットを開発提供することに当たる。カリブラのCOOを務めるTomer Barel氏は、テストネットでリリースされたリブラのコードは外部の開発者も関わっているものの、その90%がフェイスブック社により開発されていると認めている。

また、カリブラの取締役David Marcus氏はフェイスブック社出身だ。

フェイスブック社は2019年までは、「リーダーシップを維持することになる」と予測しており、メインネットが開始されてからは他の創設メンバーと同じ責任を持つことになるとしているが、少なくとも現時点ではリブラ協会におけるフェイスブック社の存在感は圧倒的に大きい。

リブラは現在、世界中の規制当局の反対に直面しており、リブラ協会に参加予定だった大手PayPalは、メンバーシップを撤回した。また、決済会社のVisa、Mastercard、Stripeの3社に、米国会議員2名がリブラプロジェクトへの参加を再考するよう勧告した。

関連米PayPal、リブラプロジェクトから正式脱退

CoinPostの関連記事

英中銀 仮想通貨リブラの取扱に係る「特別ルール」を公表
「イングランド銀行」の金融政策委員会は、フェイスブック社主導の仮想通貨リブラが同国でローンチする際に遵守しなければならない「特別なルール」を発表した。
米国会議員 Visa・Mastercard・Stripeの3社にリブラ協会への参加再考を勧告
米国会議員2名が決済大手Visa、Mastercard、Stripeの3社に対し、仮想通貨リブラの事業への参加を再検討するよう求めた。フェイスブック社の問題が参加企業にも波及すると警告。

#miningcity #Mining City #マイニングシティ

「CoinPost」を閲覧する



「マイニングシティ.jp」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!