機関投資家向けSFOX、ビットコイン先物市場のさらなる発展に注目

SFOXが独自指標を発表
機関投資家向け取引プラットフォーム「SFOX」が月次レポートを発表。10月の注目要因として、リブラ協会に関する大企業の動向、Bakkt先物やCME先物のほか、CMEのBTCオプション提供に関する情報を挙げた。

SFOXが独自指標を発表

機関投資家向けの仮想通貨取引プラットフォーム「SFOX」が、仮想通貨市場に関する月次レポートを発表した。

本レポートが調査対象にしている銘柄は、自社のプラットフォームで取引されているビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、ビットコイン(BSV)、イーサリアムクラシック(ETC)の6種類だ。

仮想通貨の価格や相関性、ボラティリティについては、bitFlyer、バイナンス、Bitstamp、コインベース、Gemini、itBit、クラーケンの8箇所の取引所からデータを収集している。

低迷していた10月7日時点での仮想通貨市場については、「ニュートラル」と報告した。

この指標(SFOX Multi-Factor Market Index)は、SFOXが独自に作成しており、価格推移や市場のセンチメント、業界の動向(ファンダメンタル)から算出される。本指標は「非常に弱気」から「非常に強気」までの7段階で表わされ、前回の1ヶ月間は「やや強気」との評価だった。

出典 : SFOX

市場のセンチメント低下についての分析では、「大手機関投資家が、期待ほど仮想通貨市場へ参入しないのでは」という疑念によるものだと分析。

機関投資家の参入は、どのような金融商品のローンチよりも期待が大きいと指摘。機関投資家の参入が進まない理由について、SFOXのクライアントでもあるTim Enneking氏は、「単純に、機関投資家が参入したい思うほど、まだ仮想通貨市場の規模が拡大していないのかもしれない」と分析している

直近の重要ファンダ

本レポートは直近の重要ファンダとして、Bakktの先物提供開始や、フェイスブックが主導する仮想通貨リブラのプロジェクトへの参加を決済大手PayPalが見送ったニュース等を挙げた。SFOXは、先物の出来高が低迷しているBakktについて、まだ評価を下すのは時期尚早との見方で一致している。

また、米中貿易戦争のような各国の政情不安を例に、ゴールド(金)と米国株式市場の動向を示す株価指数S&P500の利益を比較したグラフを作成。仮想通貨市場の勢いの低下は、マクロ経済的な要因があるかもしれないと説明。投資家が景気後退を不安視している可能性を指摘している。

出典 : SFOX

10月の市況見通し

SFOXはレポートの中で、仮想通貨市場における10月の見通しにも言及。注目ファンダとして、リブラ協会へ参加を躊躇している大企業の動向のほか、Bakktの先物の出来高推移、CME先物取引の期日、CMEのビットコインオプション提供に関する情報のアップデートを挙げた。

関連米国会議員、Visaなど3社にリブラ協会への参加再考を勧告

関連米CME、2020年Q1にもビットコインオプション取引を提供へ

参考資料 : SFOX

CoinPostの関連記事

【速報】米SEC、BitwiseのビットコインETFを非承認 最後の希望絶たれる
米証券取引委員会SECは、Bitwise社のビットコインETFの申請を「非承認」したことがわかった。これを受け、単一指数に連動するビットコインETFの申請は全て非承認となった。
疑心暗鬼のビットコイン(BTC)市場、海外大物投資家を発端とする予想合戦も|仮想通貨市況
ビットコイン(BTC)は、上昇一服でやや反落。2018年の仮想通貨暴落予想を的中させた大物投資家ピーター・ブラントの問いかけに対し、海外投資家の間で今後の展望予想が繰り広げられている。

#miningcity #Mining City #マイニングシティ

「CoinPost」を閲覧する



「マイニングシティ.jp」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!