加大手仮想通貨取引所「XRP台帳に基づく大型プロジェクトを準備中」 来月にも詳細公開へ

XRP台帳に基づく大型プロジェクトを準備中
カナダのCoinFieldがXRP台帳に基づいた大型プロジェクトを控えていると公表した。今月15日に追加情報開示、詳細は来月発表する。

           

XRP台帳に基づく大型プロジェクトを準備中

カナダの大手仮想通貨取引所「CoinField」が仮想通貨XRP台帳に基づいた大型プロジェクトに取り掛かっており、詳細を来月発表することが分かった。なお同社のXRPバリデーターはリップル社のUNLに組み込まれるという。

プロジェクト詳細発表は来月以降

ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカなど世界100ヶ国でサービスを提供する、カナダの仮想通貨取引所CoinFieldは、XRP台帳をベースとした、独自の大型プロジェクトに取り掛かっている。同社のチームが、過去半年間に渡って構想を進めてきたもので、更なる情報については、10月15日に公開される予定だ。

11月8日にマルタで開催されるAI(人工知能)・ブロックチェーンサミットにて、プロジェクトの詳細も公式に発表するという。このサミットでは、同社CEOが基調講演も行うことになっている。

CEOのBob Ras氏はプレスリリースにて、「この新たなエコシステムは、XRP台帳の上に築かれた中でも、最も洗練されたものであり、一番活用するものだ。仮想通貨業界にとっても、そしてXRPブロックチェーンの大規模普及を目指す上でも、大きな一歩になると信じている。」と語っている。

リップル社の承認者リストへ追加

そしてCoinFieldが、自社のXRPバリデーターをリップ社ルのUNL(ユニーク・ノード・リスト)に組み入れたことも明かした。

バリデーターとは、取引の妥当性を確認し承認するノードのことで、UNLは、詐欺などを働く恐れがないと考えられる信頼性の高いバリデーター(承認者)のリストである。

現在はUNLの多くをリップル社が担当しているため、同社は、社外にもバリデーターの数を増やし、ネットワークの分散化を進めていこうとしている。

参考:CoinField発表

CoinPostの注目記事

メキシコ関連の仮想通貨XRP(リップル)取引で違和感 xRapidの実利用が影響との見方も
仮想通貨XRP(リップル)の取引を提供するメキシコの取引所Bitsoへのトランザクションで、通常では見られない違和感が確認されている。xRapidの実利用ケースが影響したとの見方も出ている。
XRPは開発者間の架け橋に 開発者向けサービス発表受けXpring責任者が言及
Ripple社のXpringは、開発者向けプラットフォームの公開を受け、XRPが同プラットフォームで重要な役割を担うことについて、スピーチを行なった。

#miningcity #Mining City #マイニングシティ

「CoinPost」を閲覧する



「マイニングシティ.jp」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!