積立投資をするなら「つみたてNISA」と「ロボアドバイザー」のどちらが良い?

年金不足の報道をきっかけに将来を見据えた積立投資に興味を持ち始めている方が増えています。ただ最近は、積立投資にも「つみたてNISA」のような税優遇のある制度や、「ロボアドバイザー」などのスマホでかんたんに始められるサービスなども出てきているため、どの積立投資から始めればいいのか悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか?

そこで、この記事では「つみたてNISA」と「ロボアドバイザー」の基本的な特徴や違い、またどのような人が「つみたてNISA」や「ロボアドバイザー」の利用に向いているかなどをご紹介します。これから積立投資を始めたい方やすでに始めている方まで、参考にしてみてください。

目次

  1. つみたてNISAとは
    1-1.つみたてNISAの特徴
  2. ロボアドバイザーとは
    2-1.ロボアドバイザーの特徴
  3. つみたてNISAとロボアドバイザーを6つのポイントで比較!
  4. つみたてNISAが向いている人
    4-1.投資知識や経験のある方
    4-2.少額投資でリスクを抑えつつ、コツコツ増やしたい方
    4-3.コストと税金の負担を軽減したい方
  5. ロボアドバイザーが向いている人
    5-1.投資知識・経験が少ない方
    5-2.商品の運用や管理を簡単にしたい方
    5-3.老後に向けて大きな資産を作りたい方
    5-4.NISAの非課税枠を利用している方
    5-5.書類手続きなどが面倒な方
  6. まとめ

1 つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、税制優遇を受けつつ少額から長期にわたって積立投資ができるサービスです。つみたてNISAの制度に対応した商品に投資すれば、通常発生する利益に対する税負担が無いため、人気を集めています。

つみたてNISAの対象となる商品は、一定の投資信託(運用の専門家が運用する投資商品)で、そこから得られる分配金や売却益が非課税の対象になります。

1-1 つみたてNISAの特徴

つみたてNISAには、毎年40万円(新規投資額)までの非課税投資枠があり、最長20年間、最大800万円まで株式投資で得た利益に対して課税されません。投資期間は2018年~2037年の20年間で、その間、運用で得た毎年40万円までの利益に対する税金は発生しません。

通常、株式や株式投資信託の取引で得た利益には、所得税15.315%、住民税5%の合計20.315%の税率が課せられますが、つみたてNISA適用の商品に投資すれば非課税制度が適用されるのが大きな特徴です。

このほか、つみたてNISAの特徴は以下の通りです。

対象商品の条件

つみたてNISAの対象となる商品の条件は「長期の積立投資や分散投資に適した一定の投資信託であること」です。たとえば、公募株式投資信託(不特定多数の投資家向け公募投資信託で株式投資が可能なもの)の場合、次のような条件になります。

  • 販売手数料が0円
  • 信託報酬(運用・管理のコスト)が一定水準以下※
  • 分配頻度が毎月でないなど

    ※国内株のインデックス投信の場合、0.5%以下等に限定されます。

    少額取引が可能

    対象商品や販売元により違いはありますが、つみたてNISAでは最低投資額が100円のものがあるなど、積立投資を始めやすくなっています。

    投資コストが低い

    他の投資信託の販売手数料は購入金額の1~3%、信託報酬が年0.5~2%といったケースがよく見られますが、つみたてNISAは販売手数料が0円、信託報酬が年0.5%以下といった商品を対象としています。

    長期投資・分散投資・積立投資でリスク回避

    つみたてNISAは投資リスクを回避するのに役立つ長期投資・分散投資・積立投資をしている多くの商品が対象となっています。

    毎月一定額を長期にわたって積立投資することで、相場変動による影響を抑えることが可能です。また、つみたてNISAの対象商品である投資信託は株式、債券等の複数の資産、国内・海外資産などに分散しているため、1つの商品で大きな価格変動が起きても、その影響を小さくすることができます。

    2 ロボアドバイザーとは

    ロボアドバイザーは、人工知能を活用して投資の助言や運用を自動で行うサービスのことです(一部例外もあり)。

    ロボアドバイザーには、各ユーザーに投資商品の助言や最適な資産配分などを提案するタイプ(=投資アドバイス型)と、助言だけでなく実際の運用サービスまでを自動で提供するタイプ(=投資一任型)の2つに分かれます。なお、投資対象は投資信託もしくはETF(上場投資信託)となります。

    ロボアドバイザーはユーザーに代わって運用を行ってくれたり、資産運用の最適な配分をアドバイスしてくれたりするため、ユーザー側が投資の知識・経験に乏しくても、簡単に始められるのが大きな特徴です。また、一般の投資信託に比べると手数料が低く設定されている点もメリットです。

    2-1 ロボアドバイザーの特徴

    ロボアドバイザーの主な特徴を確認していきます。

    投資商品を自分で選ぶ必要がない

    ユーザーはサービス開始前に投資に関する考え方やリスクの許容度に関する質問を受け、その結果に基づいて最適なポートフォリオ(資産・商品等の組み合わせ)や商品が提案されます。そのため、投資知識や金融知識が無くても自分に適した商品を選択できます。

    投資一任型なら運用までを任せられる

    投資一任型の場合、提案された商品等の内容を選択した後についても、ロボアドバイザーが商品の売買やポートフォリオの見直し、最適化まで一部自動で行ってくれます。このほか、経済状況や金融市場の変化などに合わせてポートフォリオの診断・修正・最適化まで行ってくれるため、投資経験の乏しい利用者でも運用を無理なく続けていくことができます。

    (※アドバイス型では、ロボアドバイザー提案内容などを参考に投資家自身が購入を決めたり、その後の売却などを判断・実行したりしていきます)

    「アドバイス型」はNISAが利用可能、「投資一任型」はNISAの利用ができない

    資産配分のアドバイスのみを行う「アドバイス型」のロボアドバイザーの場合は、NISAの利用ができるため、年間40万円までの運用益が非課税の対象となります。

    一方、投資一任型のロボアドバイザーには非課税制度の適用がないため、ロボアドバイザーの運用で得た分配金や売却益には、通常通りの税金がかかります。

    しかし、ロボアドバイザーの中にはユーザーの税負担を軽減する機能を持つものもあります。「自動税金最適化サービス」と言われる機能で、配当やリバランス等で発生する税負担が一定額を超える場合に、ポートフォリオ内に「含み損」がある銘柄の売却を行うことでその「損失」を実現させ、利益を相殺するという仕組みです。

    少額から積立投資が始められる

    投資額はロボアドバイザー各社によって異なりますが、たとえば投資一任型の最大手(※)であるウェルスナビではウェルスナビ10万円の投資額から運用を始めることができ、毎月の積立は1万円の少額から設定することが可能です。プロの知識・経験に基づいた自動運用や、幅広いアドバイスを受けながら積立投資ができるのもロボアドバイザーの特徴です。

    ウェルスナビ

    運営企業ウェルスナビ株式会社
    住所東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル12F
    設立年月2015年4月
    資本金(資本剰余金含む)37億998万円(2019年5月24日現在)
    自己資本規制比率366.7%(2019年6月末)

    (注)自己資本規制比率は企業経営の健全性を表す重要な財務指標で、金融商品取引業者は、この自己資本規制比率が120%を上回るよう努めることが義務付けられています。

    ※ 一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2019年3月末現在)」よりモーニングスター社調べ(2019年6月時点)

    手数料が安い

    ロボアドバイザーによる投資の手数料は各サービスで異なりますが、アドバイス型なら無料、投資一任型なら年1%程度が目安となります。一般的な投資信託の手数料は、販売手数料0~3%、信託報酬0.1~3%程度になるため、運用コストの低いロボアドバイザーは、積立投資などの長期運用に向いています。

    3 つみたてNISAとロボアドバイザーを6つのポイントで比較!

    つみたてNISAと投資一任型のロボアドバイザーの特徴を以下のポイントで比較すると下表の通りです。

    項目つみたてNISAロボアドバイザー
    投資商品の選択投資家が自分で投資対象を判断して選択投資家の回答に応じてロボアドバイザーが商品・ポートフォリオを提案
    投資期間と運用方法2018年~2037年(最大20年間)の運用。運用は自分の判断で行う運用期間は特なし。投資一任型はロボアドバイザーが大部分を自動で運用
    知識・経験の有無ある程度必要必要なし
    最少投資可能額100円~10万円~(1万円から始められるサービスも)
    手数料販売手数料0円、信託報酬年0.5%以下など販売手数料0円、運用手数料年1%程度)
    税金毎年40万円までの新規投資額で発生する利益が非課税アドバイス型の場合はつみたてNISAが利用可能。
    投資一任型の場合、運用利益に対して20.315%の税金が課税される(ただし、自動税金最適化機能があれば、税負担は一部軽減される)

    4 つみたてNISAが向いている人

    積立投資をする場合に、つみたてNISAが向いている人は次の通りです。

    • 投資知識や経験のある方
    • 少額投資でリスクを抑えつつ、コツコツ増やしたい方
    • コストと税金の負担を軽減したい方

    4-1 投資知識や経験のある方

    つみたてNISAの場合、ユーザー側でポートフォリオを考えたり、商品を選択したりする必要があるため、投資に関するある程度の知識が必要になります。積立投資は運用が長期にわたることもあるため、運用商品を適宜見直す手間を惜しまないなら、つみたてNISAを選ぶと良いでしょう。

    4-2 少額投資でリスクを抑えつつ、コツコツ増やしたい方

    つみたてNISAでは100円からといった少額の積立投資が可能なため、リスクを抑えながら資産をコツコツと増やしたい方に適しています。なお、つみたてNISAでは長期・分散・積立という3つのリスク対策をしていますが、元本割れのリスクは伴うことにも留意しておきましょう。

    4-3 コストと税金の負担を軽減したい方

    投資商品を選択する知識のある方なら、投資一任型のロボアドバイザー以上に運用コストを抑えることも可能です。

    5 ロボアドバイザーが向いている人

    積立投資をする場合に、ロボアドバイザーが向いている人は次の通りです。

    • 投資知識・経験が少ない方
    • 商品の運用や管理を簡単にしたい方
    • 老後に向けて大きな資産を作りたい方
    • NISAの非課税枠を利用している方
    • 書類手続きなどが面倒な方

    5-1 投資知識・経験が少ない方

    投資に関する知識や経験が乏しい方や、専門家・運用のプロのノウハウなどを利用したいという方などはロボアドバイザーが向いています。

    ロボアドバイザーの場合、投資の専門家等の知見、運用実績やノウハウ等に基づいたAIがサポートしてくれるため、投資初心者でも手軽に積立投資を始めることができます。

    5-2 商品の運用や管理を簡単にしたい方

    ロボアドバイザーがユーザーの代わりに商品の選定、購入、売買、ポートフォリオの組み直し・最適化などを行ってくれるため、運用にかかる負担も少なく済みます。仕事や家事などで投資の運用に時間を割けない方、運用を簡単に済ませたい方にロボアドバイザーは適しています。

    5-2 商品の運用や管理を簡単にしたい方

    ロボアドバイザーがユーザーの代わりに商品の選定、購入、売買、ポートフォリオの組み直し・最適化などを行ってくれるため、運用にかかる負担も少なく済みます。仕事や家事などで投資の運用に時間を割けない方、運用を簡単に済ませたい方にロボアドバイザーは適しています。

    5-3 老後に向けて大きな資産を作りたい方

    老後に向けてまとまった資産を形成したい方にもロボアドバイザーは向いています。

    つみたてNISAは年間40万円の新規投資額が対象となるため、月額積立額は多くても3.3万円程度になります。一方、ロボアドバイザーの場合、毎月の積立金額に制限はありません。つみたてNISAの非課税枠を最大限使った上でさらに資産形成をしたいという場合には、ロボアドバイザーのほうが適しているでしょう(なお、いずれも元本割れのリスクが伴うことには留意しましょう)。

    5-4 NISAの非課税枠を利用している方

    NISA(年間120万円まで非課税枠。5年間の運用益が非課税対象)とつみたてNISAはどちらかを選んで利用することになるため、すでにNISAを開設して利用しているという方はつみたてNISAを利用することができません。(ただし、年が切り替わるタイミングで口座を変更することは可能です)

    「NISAをすでに利用しているが、追加で積立投資も始めたい」と考えている方にもロボアドバイザーはおすすめです。

    5-5 書類手続きなどが面倒な方

    NISAやつみたてNISAでは口座開設のための書類を取り寄せたり、書類の郵送や窓口での手続きなどが必要になります。一方、ロボアドバイザーはオンラインで口座開設の手続きができるため(ただし、本人確認のため簡易書留でハガキが送られてきます)、仕事や家庭で忙しくて書類手続きが面倒だという方にも向いています。

    6 まとめ

    つみたてNISAを利用する投資では、「100円からの少額投資」「毎年40万円の非課税投資枠の適用」「手数料の安さ」といったメリットがあります。そのため、つみたてNISAは、投資知識がある程度あり、コストや税金の負担を少なくして毎月少額でも長期に渡ってコツコツと資産づくりをしていきたい方などにおすすめです。

    一方、ロボアドバイザーを利用する投資では、「ロボアドバイザーが投資商品の選定・運用を行ってくれる」「手間が少ない」「長期的に大きな資産形成も狙える」などのメリットがあります。そのため、ロボアドバイザーは投資の知識があまりない初心者の方、手軽に積立投資を始めたい方などに向いています。

    積立投資をする際にどちらを選ぶかは、各ユーザーの投資方針や資産状況、リスクに対する許容度で異なりますので、この記事を参考にご自身に合った方法を検討してみてください。

    #miningcity #Mining City #マイニングシティ

    「HEDGE GUIDE」を閲覧する



    「マイニングシティ.jp」を閲覧する

  • 最新情報をチェックしよう!