Bakkt提供のビットコイン先物、24時間で「71BTC」の先物契約を取引

Bakkt提供のビットコイン先物、24時間で「71BTC」の先物契約を取引

Intercontinental Exchange(ICE)のBakktプラットフォームは、9月22日に発売されてから最初の24時間で71ビットコイン(BTC)先物契約を取引したとのことだ。

BakktのBitcoin / USD先物契約取引に関するICEの過去のデータによると、プラットフォームはプレス時に71 BTCを取引し、最後に記録された取引価格はビットコインあたり9,875ドルに落ち着いた。これについてRakesh Upadhyay氏は、Bakktの発売への温かい歓迎は、通貨の価格が最近レンジバウンドになったためである可能性が高いと考えている。

初期証拠金の発表による懸念

プラットフォームのリリースの数日前に、ICEは契約の暫定証拠金要件を決定しており、毎日および毎月の先物契約の初期ヘッジ要件は3,900ドルですが、両方の契約の投機的初期要件は4,290ドルである。

また月次および日次先物契約の月間アドオンは、ヘッジ率が400〜1,000ドル、投機率が440〜1,100ドルであることが明らかになっていた。

Bakkt提供のビットコイン先物、3,900ドルの初期証拠金を要求

2019.09.11

Bakktのビットコイン先物は成功するのか?

新しく立ち上げられたプラットフォームBakktは、米国の規制当局から承認を受けた最初のプラットフォームであり、1年前に最初に発表された取引所である。ICEは、Bakktを設立した目的として、消費者、商人、機関顧客が「シームレスなグローバルネットワーク」で仮想通貨を購入、販売、保存、使用できる統合プラットフォームの作成としている。

Bakktの立ち上げ後、BakktのCEOであるKelly Loeffler氏は、この機関は「信頼性が高く規制されたインフラストラクチャ」を提供する一方で、「新しいデジタル通貨を活用したテクノロジーと金融商品の採用」を推進していると述べた。

Bakktの発売を見越して、Fundstrat Global AdvisorsのThomas Leeは、ビットコインと暗号通貨がBakktからより良い評判を得ると主張している。

リーは「私は、Bakktと、暗号に対する機関との信頼を向上させるその能力に非常に肯定的です。」と述べており、
また、アメリカの投資家であり、Morgan Creek Digital Assetsの共同設立者であるAnthony Pomplianoは、Bitcoinはすべての機関投資家のポートフォリオに収まるであろうと述べている。

#miningcity #Mining City #マイニングシティ

「NEXTMONEY」を閲覧する



「マイニングシティ.jp」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!