遂に開始!Bakkt、現物決済のビットコイン先物が正式スタート

遂に開始!Bakkt、現物決済のビットコイン先物が正式スタート

2019年9月23日(日本時間)、Bakkt(バックト)が現物決済ビットコイン先物取引を開始。最初の取引は1BTC=10,115ドルで、現在でも盛んに取引が行われているとツイッターで報告されている。提供する取引は、デイリー先物とマンスリー先物の2つ。Bakktは米ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)からBakkt Trust Companyの設立を承認されている。米商品先物取引委員会(CFTC)からは先物取引のライセンスも認可された。計画は2018年の夏ごろ発表され、同年末頃開始予定だったが、延期の末ようやくのローンチとなった。

米ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であり、デリバティブと現物を主に行う取引所インターコンチネンタル取引所(ICE)が運営する仮想通貨プラットフォームがBakktだ。ICEはマイクロソフト・スターバックス・ボストンコンサルティンググループとも提携しており、時価総額は517.4億ドル(約5兆5,000億円)にもなる。ちなみに世界のトヨタの時価総額は24兆円以上だが、それと比較してもかなりの規模で、取引所の巨人と呼ばれるのも頷ける。

BakktのCEOはKelly Loeffler(ケリー・レフラー)氏で、彼女はICEのCEOであるJeffrey Sprecher(ジェフリー・スプレッチャー)の妻だ。なおBakktでの取引はICE Futures USで行われている。デリバティブ決済機関やビットコイン受け渡しなどはICE Clear USで行う。

ビットコインの価格への影響は?

サービスの発表から1年が過ぎてしまい、度重なる延期もあったためか、マーケットの反応は今ひとつだ。Bakkt BTC (USD) Monthly Futureのチャートを見てみると、10,115ドルからスタートして価格は徐々に右肩下がりになり、6時間以上経過した日本時間16時時点では、9,972.5ドルとなっている。取引量は12BTCと少ない印象を受ける。

Bakktの目標

当面の目標として、ビットコインを金やプライベートエクイティ(未公開株式・投資ファンドの一種)と同じような人気のある代替投資にすることを掲げている。最終的には、1杯のコーヒーから航空券の支払いにまで及ぶとしている。目標の中では、Bakktでの膨大な取引量がビットコインの価格変動を滑らかにし、投資家に安定と信頼を提供できると語っているが、今後どれだけ取引量が増えるのかに注目したい。

ビットコイン先物を予定するBakkt、9月6日からビットコイン・カストディサービスをスタート

2019.08.29

#miningcity #Mining City #マイニングシティ

「NEXTMONEY」を閲覧する



「マイニングシティ.jp」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!