JPモルガンのブロックチェーンネットワークIINに300行が加盟 シンガポールの銀行も初加盟

シンガポールのOCBCがJPモルガンのIINに加盟
資産規模で東南アジア2位の華僑銀行がJPモルガンのブロックチェーンネットワークIINに加盟する。シンガポールの銀行では初めて。同ネットワークには300を超える銀行が加盟する。

資産規模で東南アジア第2位の規模を誇る華僑銀行(OCBC)がJPモルガンの銀行間情報ネットワーク(IIN)に加盟する。シンガポールの銀行としては初めての加盟事例となった。

ブロックチェーンを用いた国際決済ネットワークであるIINにはすでに300以上の銀行が加盟している。

「IINは、国際間決済の複雑な取引をブロックチェーンのような最新技術を用いて改善し、銀行利用者に役立つエコシステムを構築するためのネットワークだ」とJPモルガン決済部門長のジョン・ハンター氏は説明する。

先週には、ドイツ最大の銀行であるドイツ銀行がIINに加盟している。これによって、同行はJPモルガンの独自のブロックチェーンプラットフォームであるQuorum上での国際決済情報をIIN加盟銀行とやり取りすることができるようになる。

JPモルガンは、企業秘密により公表されていない23の銀行を除くIIN加盟銀行を公表している。

#miningcity #Mining City #マイニングシティ

「CoinPost」を閲覧する



「マイニングシティ.jp」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!