「金融トレーダーから昼食や週末がなくなる」デジタル金融化が労働環境に影響=BitMEX CEOが予見

BitMEX CEOがデジタルファイナンスによる労働環境の変化に言及
大手取引所BitMEXのCEO Arthur Hayes氏が、デジタルファイナンスが労働環境へ影響を及ぼす可能性があると言及。資産のデジタル化に伴う流動性の変化から、「トレーダーは昼食も週末もなくなる可能性がある」と発言した。

BitMEX CEOがデジタルファイナンスによる労働環境の変化に言及

今後、デジタル資産が伝統資産へ影響を与えていくなかで、「トレーダーは昼食も週末もなくなる可能性がある」と大手取引所BitMEXのCEO Arthur Hayes氏が発言した。シンガポールで開催された金融カンファレンス「Milken Institute Asia Summit」に登壇した際に、デジタルファイナンスに伴うトレーダーの労働環境の変化に関してスピーチを行なった。

シティグループの株式トレーダーとしての経験も持つHayes氏は、仮想通貨市場の1日24時間、週7日間取引される特徴は、「従来の株式、債券、通貨取引から支払いの処理や記録まですべてに影響を与えることになる」と話す。

現在の伝統金融市場では、清算機関などの関係から、マーケットが閉鎖する時間や曜日が存在するが、デジタルファイナンスの影響を受け、24時間365日稼働する市場に変化すると見ている。

Hayes氏は、仮想通貨市場の日常的な習慣が、伝統資産の取引において模倣されていくことを指摘しつつ、次のように発言している。

どこかにいて、何かを取引し、記録を物理的に調整することに関するすべては消えてなくなっていく。そこから抜け出して、今後10年間ですべてがデジタルになることを理解すると、ビットコインはそれほどおかしなアイデアではないことに気付くでしょう。

また、ビットコイン価格展望にも言及したHayes氏は、1年以内で2万ドル、3年以内で10万ドルと強気の予想を展開。2017年の名残で強気予想が大半を占めていた昨年5月時点で、5,000ドル(55万円)台に下落する予想を的中させたほか、その半年後のハッシュ戦争に伴う底割れ暴落でも予想を的中させるなど、同氏の価格予想は精度の高さからも注目が集まっている。

CoinPostの関連記事

『ビットコイン2万ドルの(再来)に備えよ』仮想通貨取引所BitMEXのアーサーが「QE4」を予言
世界最大の仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXのアーサー氏は、FRBの金融緩和政策の一環で「QE4」が来ると予言。BTC20,000ドルに備えよと強気の見立てを示した。FOMCは日本時間3時頃に予定されている。
BitMEX CEO「ビットコイン2万ドル到達に2つのステップ」 理由は11日の大型カンファレンス後に解説か
BitMEXのCEO Arthur Hayes氏が、ビットコイン2万ドルに関して言及。ビットコインETFがローンチするとした報道などとタイミングが重なり、市場の上昇につながった。理由は、来週予定の業界大型イベントの後に見解を語ると見られる。

#miningcity #Mining City #マイニングシティ

「CoinPost」を閲覧する



「マイニングシティ.jp」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!