米国版バイナンスの取扱銘柄、新たに「7通貨目」の上場が判明

米国版バイナンス、仮想通貨BNBの上場が判明
米国で仮想通貨取引所を開始したバイナンスで、当初発表されていた6銘柄に加え新たな通貨の上場が判明した。

           

米国版バイナンス、仮想通貨BNBの上場が判明

18日より新たにオープンしたバイナンスの米国版取引所は、これまで明かされていた6銘柄にバイナンスコイン(BNB)を加えた7銘柄の上場でスタートしたことが新たな証言で明らかになった。

Binance.USで、バイナンスのネイティブ通貨バイナンスコイン(BNB)が第一段の上場銘柄としてリストしたことを、複数のユーザーがSNS上で報告した。バイナンスのCZ氏もこのスクリーンショットをリツイートする形で同意している。(ユーティリティトークン性も強調)

当初、BTC、ETH、XRP、BCH、LTC、USDTの6銘柄で取引所のローンチを行うとの発表を行なっていたバイナンスだが、BNBも加えた計7銘柄で、本日21時から開始される入金銘柄とした。

同社は、米国で初めて取引所サービスを提供するにあたり、米金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)に認可されたBAM Trading Serviceとの提携。取引所の提供地域では、NY州やテキサス州を含む米国の13の州ではサービスの提供を行わないとしており、今後規制に準拠する形で、提供範囲の州を増やす方針を示している。

関連米国版バイナンス、ローンチ時はニューヨークなど13の州で利用できず

BNBは18日20時時点で前日比9.6%高の$22.69で推移。米国版取引所のローンチ発表を受け価格が上昇に転じたのち、今回の取り扱い銘柄にリストインしたことで価格を急伸させた。

CoinPostの関連記事

『ビットコイン2万ドルの(再来)に備えよ』仮想通貨取引所BitMEXのアーサーが「QE4」を予言
世界最大の仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXのアーサー氏は、FRBの金融緩和政策の一環で「QE4」が来ると予言。BTC20,000ドルに備えよと強気の見立てを示した。FOMCは日本時間3時頃に予定されている。
FOMC目前にして「アルトバブル」再来期待も、リップルやイーサリアムの高騰理由を探る|仮想通貨市況
金融市場の一大イベントであるFOMCを控えた18日、ビットコイン(BTC)の方向感定まらぬなか、約4ヶ月ぶりの大幅高を見せたXRP(リップル)やETH(イーサリアム)を独自分析。米国版バイナンスの影響も仮想通貨相場を後押しした。

#miningcity #Mining City #マイニングシティ

「CoinPost」を閲覧する



「マイニングシティ.jp」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!