米仮想通貨取引所Coinbase exec、CFTCのビットコイン先物の規制担当に就任

米仮想通貨取引所Coinbase exec、CFTCのビットコイン先物の規制担当に就任

米商品先物取引委員会(CFTC)は17日、仮想通貨取引所を提供するCoinbase(コインベース)のビジネスラインおよび、マーケット部門の副社長兼ゼネラルカウンセルを務めたDorothy D. DeWitt氏を採用し、CFTCの市場監視部門(DMO)のディレクターに任命することを発表した。

DeWitt氏はCFTCにて、デリバティブプラットフォームの監視や、ビットコイン先物のような新しいプラットフォームサービスの評価を担当するという。

先月10日、市場監視部門(DMO)ディレクターであったAmir Zaidi氏が、CFTCを去っていたことが明らかになっていた。また、後任として元DMOディレクターであり、執行副局長を務めていたVincent McGonagle氏が、DMOのディレクターとして役割を引き継いでいた。

今回の採用に関する発表について、CFTCの議長であるDr. Heath P. Tarbert氏は、次のようにコメントしている。

「Dorothyがすぐにチームに加わることに興奮しています。彼女はCFTCに金融サービスと法律分野で20年以上の民間セクターの経験を持っています。彼女の強力な投資、リスク、法律、コンプライアンスの背景、および暗号資産を含む分散型台帳技術に精通していることは、21世紀の商品を規制するための総合的なアプローチを開発しようとする機関にとって非常に貴重です。

また、前任者であるAmir Zaidiに、CFTCでの9年以上の勤務に感謝します。彼がエキサイティングな新しい章を始めるので、彼が最高であることを願っています。また、ビンスマクゴナグルの現在の部門のリーダーシップが、演技の能力を持っていることに深く感謝しています。20年にわたりCFTCのベテランであるヴィンスは、規制コミュニティで最高のキャリアプロフェッショナルの一人です。」 

ビットコイン先物取引の規制担当者、CFTCを去る

2019.08.10

#miningcity #Mining City #マイニングシティ

「NEXTMONEY」を閲覧する



「マイニングシティ.jp」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!