トム・リーは米国政府による電子タバコの禁止で、ビットコインの禁止を疑っている

トム・リーは米国政府による電子タバコの禁止で、ビットコインの禁止を疑っている

有名なウォール街のアナリストであるトム・リーは、米国での暗号通貨の停止に関する最近の声明が、金融界に衝撃的な波を生み出している。

Fundstrat Global Advisorsの評判の高い共同創業者であることに誇りを持ち、有名な財務戦略家でもあるTom Leeはツイートは、ホワイトハウスが最近ではないが、ビットコインを禁止する行政命令を出すことができることを明らかにした。

米国政府の電子タバコ禁止令

9月11日、ホワイトハウスは、風味付けされた電子タバコ産業の数十億の市場を禁止することを発表したが、トム氏はビットコインが米国の弾圧リストの次の大きなターゲットになる可能性があると推測している。米国の名誉ある大統領またはPOTUSは、急速に肺疾患の増殖につながると考えているため、領土からの蒸気を発する製品を禁止するという抜本的な措置を講じた。

アメリカのファーストレディであるメラニアトランプ氏は、そもそも弾圧を開始した高官であり、彼女の過去のつぶやきの1つは、彼女が米国の子供たちが吸うことによる有害な影響について「深く心配している」と読んだ。

また食品医薬品局は電子タバコ会社であり、今年34億ドルの驚異的な収益を誇っているJuul Labsに対して、偽の販売促進方法を使用し、製品を「完全に安全」であると謳っていたことについて公式の警告を送信した。米国政府が成功している電子タバコ産業に終止符を打つことで、同国はそのグリップを強化するか、急成長産業を完全に停止することができると考えているようだ。

今年の7月の初めに、ドナルドトランプはTwitterのハンドルを通じて、ビットコインと暗号通貨に関する彼の見解を共有している。それによると彼は、仮想通貨がマネーロンダリングや麻薬密売などの違法な活動のベースチャネルとして機能できることを提唱しており、仮想通貨に対して後ろ向きな姿勢を示している。

トランプのデジタル通貨に対する疑わしい態度により、ビットコインが米国で禁止されているという噂が勢いを増しているようだ。

「NEXTMONEY」を閲覧する



「マイニングシティ.jp」を閲覧する

ネットとスマホ
最新情報をチェックしよう!