仮想通貨取引所バイナンスが大型システムアップグレードを開始、入出金および取引も一時停止に

バイナンスが大型アップグレードを開始
バイナンスがシステムアップグレードを開始。実施期間は日本時間8月15日午前11時からで、完了までに6~8時間を要するとしている。

バイナンスが大型アップグレードを開始

取引所バイナンスは大型システムアップグレード実施を開始した

アップグレード開始時間は日本時間で8月15日午前11時からを予定しており、完了までに約6〜8時間を要するとしている。

主なアップデート内容は次の通りである。

  • 新たな注文タイプの追加:OCO (Order Cancels Order)、API経由で利用可能
  • マッチングエンジン、API、およびウェブソケットパフォーマンスの最適化
  • REST API(api / v1 / depthを取得)から、5,000および10,000のオーダーブックレベルを利用可能に

なおアップグレード中は、入出金および取引が停止するため注意が必要である。実施中の入金については、実施後からの対応になるとしている。

また証拠金取引を利用しているユーザーに対しては、アップグレード中の価格変動の可能性から、担保残高の再確認を推奨しているという。

参考:バイナンスアップグレード

CoinPostの関連記事

米国版バイナンスで30銘柄の仮想通貨上場を検討 BTC・ETH・XRP・BNBほか
バイナンスの米国版「バイナンス US」は、ビットコインやXRP、BNBやETHなど、計30銘柄の仮想通貨の上場を検討中とのことを伝えた。本家バイナンスの「9月12日」利用制限に向けて米国事業の進展が加速。
2018年の西日本豪雨被災地支援で、仮想通貨取引所バイナンスに感謝状
世界最大の仮想通貨取引所バイナンスは、2018年の西日本豪雨被災地寄付金支援活動において、広島県呉市から「感謝状」を受け取った。バイナンスチャリティーを通じた慈善活動での仮想通貨ユースケースは内外から高い評価を受けている。

「CoinPost」を閲覧する

「マイニングシティ.jp」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!