クレイグ・ライト氏、証拠の一部を偽造の可能性

ナカモトサトシを自称し、Bitcoin SVのハードフォークを主導した暗号学者のクレイグ・ライト氏は自身が起こした裁判の証拠として提出した契約書類や電子メールなどの証拠の一部において実際の行動と辻褄が合わないとBitmessageの創業者であるJonathan Warren氏が指摘した。参照元

「BTCN」を閲覧する

「マイニングシティ.jp」を閲覧する

ネットとスマホ
最新情報をチェックしよう!