SBIのマネータップ社へ栃木銀行や福岡中央銀行ら地銀5行が新たに出資 〜リップル技術活用「Money Tap」に合計25行が資本参加

SBIホールディングス株式会社は7月30日、子会社のマネータップ株式会社に対し、栃木銀行や福岡中央銀行、仙台銀行など地方銀行5行が出資することを発表した。マネータップ社は、米Ripple社の分散型台帳技術「xCurrent」を活用したスマートフォン用送金アプリ「Money Tap」の普及・拡大を目指し、キャッシュレス化を推進するため3月19日に設立された。今回5行が株主に加わることで、同社への出資参加銀行は合計25行となる。

「仮想通貨 Watch」を閲覧する

「マイニングシティ.jp」を閲覧する

ネットとスマホ
最新情報をチェックしよう!