イタンジ、国交省主導の社会実験に向け不動産の電子契約サービスを提供開始 〜企業間のデータ共有基盤としてIBMクラウド上のHyperledger Fabricを採用

イタンジ株式会社は7月24日、ブロックチェーンを活用した電子契約サービス「電子契約くん」の提供を開始した。同サービスは、不動産関連の電子契約を扱う。同社はすでに物件確認や内見予約、申込といった部分の電子化サービスを提供している。今回契約部分を電子化することで、スマホアプリ上から賃貸の内見から申込、契約、更新までを一貫して行えるサービスを提供する。仲介業者の店舗に立ち寄ることなく、ハンコも使わずにすべてオンラインで完結する賃貸サービスの実現を目指す。

「仮想通貨 Watch」を閲覧する

「マイニングシティ.jp」を閲覧する

ネットとスマホ
最新情報をチェックしよう!