本日、7月11日は「セブンイレブンの日」

そんな年に一度の記念日に、沖縄県にはセブンイレブンが初上陸し盛況なんだそう。

今回ご紹介するのはそんなセブンイレブンにまつわるちょっと不思議なお話。

ツイートを投稿したのは群馬県高崎市にあるレストラン「高崎Ring Road」の店主・新田員也さん。

先日新田さんが訪れたセブンイレブンの入り口には、なぜか1匹のネコが座っていて、その横には1枚の張り紙があったそうです。

その様子がこちら ↓

D_FEwV8UIAAbgUn
twitter.com@ringroad1

もしかして、ネコ = 店長…?

早朝に突然来店したというネコ。どんなに追い払おうとしても帰ってきてしまいます。ちょうどこの日が店長さんの命日だったこともあり、そんなネコの様子に何かを感じたスタッフは、特別に1日経過を見守ることにしたんだそう。

このなんとも不思議な出来事には多くのコメントが届きました。

もしかしたら店長さんがネコの姿を借りて様子を見にきたのかもしれませんね☺️

ちなみにその後、ネコは善意ある人に無事保護されたそうです。

セブンイレブンが舞台となる不思議な、でもほっこりするエピソードのご紹介でした。