発売当初「うどんイヤホン」とネタにされていたAirPods(エアポッズ)。今では持っている人も多くなり、当初あった違和感はなくなってきました。そんなAirPodsですが、小さいだけに落としてしまうと大変なようで…。

ある日、地下鉄のプラットフォーム下に片方のAirPodsを落としてしまったアシュリー・メイヤーさん

駅員さんにこのことを伝えると、アシュリーさんは引き上げるのになんと2時間もかかってしまうと伝えられてしまいました。しかも拾い上げる際はその場に本人もいないといけないと言われたようで、アシュリーさんは泣く泣く諦めました。

次の日。アシュリーさんは同じ地下鉄の線路に、まだアイツが落ちたままでいるのを発見!

そこで今度は駅員さんに頼らず、なんと自分で引き上げるためにDIYで道具を作ることにww

ホウキの先に両面テープを貼り付けて、くっつけて取ろうという作戦のよう。いやいやそんなことして大丈夫?と思いますが…

なんとこれが大成功(笑)。

AirPodを救出することができちゃいました。その後、アシュリーさんは両耳にAirPodsを付けた姿を報告しています。

※ナイスなDIYではありますが、他の乗客に迷惑がかかる可能性があるので、もし同じ状況に陥ったとしても真似はせず、プロに処理を任せましょう。線路以外で、どこか手の届かないところに小さなものが落ちた場合は、アシュリーさんの方法が役立つかもしれませんね♪