SEARCH

「どらねこ」の検索結果5件

  • 2019年5月11日

この魚?出世魚⁉

「コノシロ」を久々に見つけました。なんだか旧知の知人にあったような気がして買ってきました。 この魚は、成長するたびに呼び名が変わる「出世魚」。 ちなみに シンコーコハダーナカズミーコノシロ と!! すしネタでよく食べる光りものの代表。小さいときは価値が上がって、大きくなるほど関東では値が安くなる魚だ […]

  • 2019年5月9日

魚島の頃

 鯛は春の産卵期に魚島付近に群集する。魚島は、備後灘と燧灘などを境する島で愛媛県越智郡上島町に属している。 産卵のため近くへ押し寄せるその様を「小島のように浮く」ように見えることで「浮島」と例えたり・・・。 5月、八十八夜の頃が瀬戸内海の東と西から鯛の群れが魚島付近に集まってくる。 鯛は、刺身、あら […]

  • 2019年4月20日

桜色の思い出

満開の桜の花も風に吹かれたり・・・。桜の舞も終わり、鮮やかな緑葉が眩しい季節へと。 この「絵」を見ると2001年の頃~が、懐かしく思い出されます。 あの「郷土料理のみせ どらねこ」は、そこの存在しておりました。窓辺にレトロなランプ?春は、桜色に染まった道。 夏は、尾道水道からの住吉祭りの花火。秋は、 […]

  • 2019年4月14日

春を告げる郷土料理 (鯛めし)

その日にあがったばかりの活きのいい「旬の鯛」! 一尾丸ごと土鍋で炊く「鯛めし」!! 繊細な鯛の身と旨味がじんわりとしみた飯粒・・・しっとりからむ滋味な味わい。 芽吹き始めた「木の芽」は、お好みでのせて香りを楽しむ。 そう!! 「口福」な時が流れます。 「お食事処どらねこ」を閲覧する

  • 2019年4月5日

春を告げる郷土料理 (いかなご)

活きのいい2㎝ほどの小さな魚が、店頭に並び始めるころ、桜も五分咲き?春ですねぇ~(^^) この小さな魚は、「いかなご」。さまざまな地方名があります。例えば、小女子・おおなご・カナギ・メロウドなど。 大きさにより、新仔(2㎝くらい)、ふるせ(25㎝くらい)と呼びます。 調理法で一番なじみのあるのが「い […]