スマートフォン解析

クラウドコンピューティングとRubyによるシステム構築をお勧めします。

なぜクラウドをお勧めするのか?

厳しい企業競争の中で闘い抜くためには、柔軟性に富んだ業務運用は必需です。ただし、柔軟性に富んだシステムには、なかなか巡り合えません。システムを導入した経験のある方はご存知とは思いますが、システムは一度しっかりと仕様を決めて、構築をしていくものです。それは、あたかも家を造っていくかのように、こまかな設計作業の上に満足の出来るシステムが構築されていきます。

そこで弊社では、速い構築力と柔軟性を持ち、スピード運用型の業務の構築・改善に最適な開発言語として、「Ruby」による、時代に合ったクラウドコンピューティングの活用サービスをご提案・ご提供させて頂いております。

コンピュータシステムのトレンドの変遷

メインフレームによる大規模なシステム
特徴
大企業向け。メインフレームでの中央集中型システム
 
メリット
決められた人が決められた時間だけシステムを利用 = 「高い機密性」
 
課題
中小企業では導入できない(莫大な導入・運用コスト)
 
ダウンサイジング(小規模化)
 
オフコン、ミニコン、パソコンによる小規模なシステム
特徴
中小企業や分散処理での活用
 
メリット
導入コストが劇的に低下したことにより、システムの利用範囲が飛躍的に広がる
 
課題
社内での情報共有ができない
 
ネットワーク化
 
パソコンネットワークによるクライアントサーバーシステム
特徴
ネットワークでパソコン相互を接続
 
メリット
複数台のパソコンをネットワーク接続することにより、情報共有が実現
 
課題
システムの汎用性、拡張性にコストが掛かる
 
Web化
 
インターネット技術を応用したイントラネット、Webシステム
特徴
サーバー集中型
 
メリット
システムをサーバーに集中管理することで、TCOの削減を実現
 
課題
サーバーの管理費や運用責任者の配置による運用コストの増大
 
クラウド化
 
インターネット上で運用するクラウドコンピューティング
特徴
運用アウトソーシング
 
メリット
 
課題
高いセキュリティの確保
 

クラウドコンピューティングをお勧めする3つの理由

1.適材適所のディバイスで、情報共有を実現

社内(PC)、社外(スマートフォン、ノートPC、携帯電話等)

2.高性能サーバーを低コストで利用可能

(Amazon Web Service : SLA99.9%を保証)

3.システム監査基準上、他のシステム構成より完成度が高い

システム監査基準

信頼性
システムの品質及び障害の発生、営業範囲及び回数の度合い
 
安全性
自然災害、不正アクセス及び破壊行為からの保護の度合い
 
効率性
情報システムの資源が活用及び費用対効果の度合い
 
システムの構成 信頼性 安全性 効率性
クライアントサーバーシステム システム構築ベンダーの技量による
イントラネットシステム システム構築ベンダーの技量による
クラウドシステム システム構築ベンダーの技量による  ※
※ 運用するデータセンターのインターネットセキュリティ対策レベルにも影響される